新型フリード 値引き 相場

 ついに9月16日に新型フリード(2代目)が発売されましたね。初代フリードの発売が2008年5月からですから、8年ぶりのフルモデルチェンジとなり、ファンには待望の車かと思います。

 エンジンはハイブリッドの「スポーツハイブリッド i-DCD」と「1.5L直噴 DOHC i-VTEC」が用意されていて、さらにハイブリッドモデルにも4WDが採用されるようです。もちろん最大の売りである「THIS IS 最高にちょうどいい」という部分はちゃんと継承されていますので、ミドルクラスのミニバンではちょっと大きすぎるかな、でも6~7人乗りは必要なんだよねという方にはぴったりですね。

 ただ気になるところは値引きです。現在、初代モデルの値引きは20万円ぐらいで推移しているようですが、新型フリードの方は相当厳しくなると思います。 しかも実質的な競合車となるとシエンタぐらいしかないですからね。
 そんな場合でも、総支払額を抑えるためにぜひお試しいただきたいテクニックがありますので、次の章でご紹介していきます。

新型フリード 値引き 査定

 そのテクニックとは、多数の買取業者で一括査定をすることです。ディーラーの下取りの場合も、1店だけの買取店1店だけに持ち込んだ場合も、素人には相場がわからないことをいいことに相場よりも低い査定をされてしまうと思います。
 複数の買取店を回ろうにも、それを見透かされれば、買取店からは 「今、ここで決めてもらえるならこの値段で」と相見積りをとることをブロックされてしまうはずです。それに時間と労力がかかり過ぎますね。

 これらはすべて他社見積もりが取れないことに起因していますので、ポイントは「多数の買取業者で一括査定をする」ということが解決策になります。その方法が、下記に提携査定先の多い順のランキング形式でご紹介する、無料サイトの利用になります。それぞれ特徴がありますので、参考にしてみてください。

1位 ズバット車買取比較

 

ズバット車買取比較の公式サイトはこちら >>

利用者の7割の人が5万円以上の査定差額を体験されています。

■ 提携査定先は215社と業界トップレベル。
■ 見積もりは最大で10社から取れます。
■ 情報入力は最短60秒というシンプルなフォーム。
■ 運営会社は色々な分野で一括査定の実績あり。
■ 累計利用者数は100万人以上。

色々なタイプの業者から見積もりを取りたい方はこのサイト!

ズバット車買取比較の公式サイトはこちら >>

2位 カービュー

 

カービューの公式サイトはこちら >>

累計利用者数が400万人を突破した、業界の老舗的存在です。

■ 提携査定先は212社。3社及ばず第2位です。
■ 見積もりは最大で8社から取れます。
■ 情報入力は最短60秒の簡単フォーム。
■ 日本最大級の自動車専門サイトのカービューが運営。
■ トラック、事故車、商用車にも対応しています。

十分な信頼と実績で、安心して依頼したい方はこのサイト!

カービューの公式サイトはこちら >>

3位 かんたん車査定ガイド

 

かんたん車査定ガイドの公式サイトはこちら >>

情報入力後すぐ概算査定額がわかる嬉しいサービスがあります。

■ 提携査定先は47社。提携先厳選のため数は少なめ。
■ 見積もりは最大で10社から取れます。
■ 情報入力は最短45秒と手間要らず。
■ エイチーム(東証一部上場)のグループ企業が運営。
■ 累計利用者数は100万人以上。

概算相場をおさえて、じっくり値段を吟味したい方はこのサイト!

かんたん車査定ガイドの公式サイトはこちら >>

新型フリード 値引き 金額

 さらに踏み込んで言えば、このような一括見積もり依頼サイトも1つに限定する必要はありません。例えば、今お乗りの愛車が事故修復車であった場合には、それらを専門に扱うサイトがありますので、それを一緒に利用してみるとよいようです。事故修復車だから、大した査定にはならないだろうと思っていても、思わぬ業者から思わぬ高額査定が提示されることも珍しくないそうです。

 ご利用は無料で、しかも手間もかからないなら、やれることは全部 やっておくほうが、新型フリード購入に際しての総支払額が圧縮できる可能性は高まりますよね。

カービュー事故車査定
 

© 2016 新型フリード 値引き rss